薄毛の手帳

薄毛を改善するための方法に関する情報を詳しくお伝えします

AGA治療

近くにクリニックが無くてもAGA治療はできるんです!!【田舎・地方】

更新日:

最近抜け毛が増えてきたけど、近くにAGAなんて治療してくれるクリニックなんてないし、そもそも副作用が怖いから育毛剤を使い続けてきたけれど、全く効果がないという人はかなり多いと思います。

そもそも、自分がAGAだと自覚してすぐにクリニックに駆け込む人の割合なんてきっと少ないでしょうね。

まして、地方に住んでいたらクリニックを探すのもひと苦労ですもんね。

AGAのおさらい

AGAとは何かという人は、下記の記事でAGAについてまとめていますので参照してください。

全年齢平均で日本人男性の約30%がAGA

日本皮膚科学会が発表している2017年のガイドラインでは、日本人男性のAGA発症頻度は全年齢平均で約30%とされ、各年代別のAGA発症頻度は下表のとおりとなっています。

年代AGA発症頻度
20代10%
30代20%
40代30%
50代40%

すべての日本人男性がハゲているわけではないので、ハゲている人の30%がAGAというとかなりの確率ですよね。

治療したくても東京以外の地方ではクリニックを選べない

GACKT(ガクト)を起用したCMでお馴染みの大手クリニックの「AGAスキンクリニック」では、全国50のクリニックで同じ治療を受けることができますが、東京と大阪くらいしかクリニックを選べないのが現状ですね。

地方の人からすると、治療費以外にもお金と時間が必要だから、今まで育毛剤や育毛サプリで育毛を済ませていたという人が多いです。

AGAを克服するにはクリニックでの治療が近道

これはもうね、間違いないですよ。

当サイトでもアフィリエイト広告を貼らせてもらってますが、一生懸命育毛剤を売りつけようとする他の比較サイトもたくさんあります。

私は、自分の体験も含めて、ウソはつきたくないのです。

ですから、当サイトでは育毛サプリをメインにおすすめしていますが、それはあくまで副作用を考えなくても良い場合のお話です。

>> やっぱり副作用が怖いなら、安くておすすめな育毛サプリを解説します。

当然ですが育毛サプリよりもクリニックでAGA治療を受ける方が、医師の診察と効果がハッキリしている医薬品を処方してもらえるのだから、あたりまえの話なんです。

本当に悪質な比較サイトも多くあります。(検索の上位にくる比較サイトでもあります)

近くにクリニックがなくてもAGA治療する2つの方法

AGA治療薬を個人輸入する方法

一般的なAGAの治療薬に「プロペシア」と「ミノキシジル」という薬があります。

簡単に言うと、プロペシアは抜け毛を抑え、ミノキシジルは髪を生やすというものですね。

プロペシアには、同様の他の薬やジェネリック医薬品などもあり、どちらの薬もインターネットから個人輸入代行サービスを使って、安く購入することができます。

デメリットとしては、医師の診断が無いので、自己責任で薬を服用することです。

管理人はこの方法を使っています。(ビンボーですいません(^_^;))

ネットを使ってクリニックの遠隔治療を受診する方法

今回、近くにクリニックがない人に朗報なのが、「AGA治療のG.グリーンクリニック」というクリニックです。

このG.グリーンクリニックのおすすめポイントは以下のとおりです。

テレビ電話で診療するから住んでいる場所は関係ない

治療はテレビ電話を使って行うので、近くにクリニックの無い人だけでなく、直接出会って診察するのが恥ずかしい人にもおすすめできます。

治療に使用するアプリ
Android:Hangouts(ハングアウト)
iPhone :FaceTime

※ 心配な人は、事前に無料相談が用意されているので不安点を確認することができます。

3つの治療プランだけだからどこよりも明朗会計

他のクリニックだと、いろいろな治療を提案されて、実際には月に1.5万円~3万円程度の費用がかかることが多いです。(ネット上に多くの体験談がありますので、確認してみてください)

G.グリーンクリニックでは、「止める」「育てる」「維持する」の3つのプランのみだから、知らないうちに必要以上の費用がかかることがないんですね。

処方された薬も、送料無料で届くので至れりつくせりです。

しかも、もっとも高い「育てるプラン」でも月に11,960円/月です。

追加費用が無いので、計画的に治療することができますね。

【プラン概要】

「止める」「育てる」「維持する」
初診/医療診断0円0円0円
薬代金5980円/月11960円/月4980円/月
配送費0円0円0円

全体的に安いですが、信用のあるメーカーの薬が処方されるので安心して利用できます。

処方される製薬メーカー

・東和薬品
・MSD(旧万有製薬)
・ファイザー
・沢井製薬
・Cipla Ltd.
・Olic Thailand Co.,Ltd
・DS Healthcare Group Inc.
・Merz Pharma GmbH & Co.KGaA

治療費の複数の支払い方法に対応

「カード決済」「コンビニ決済」「後払い」の3種類の支払い方法に対応しています。

近くにクリニックが無くてもAGA治療はできるまとめ

今まで、AGA治療に踏み切れなかった人からすると、とても良いサービスですよね。

AGA治療は保険適用外だからこそ、逆に遠隔地治療などということが可能なのかもしれませんね。

前半でも書きましたが、AGAを克服するには医薬品を使うのがもっとも効果が高いことは間違いありません。

基本的なAGA治療方法は「プロペシア」と「ミノキシジル」ですから、いかに安く手に入れるかということを重視するのであれば、「個人輸入サービス」を使うのが良いでしょう。

副作用などが心配な人は、医師の診断に沿って、安く安全に治療するなら、「AGA治療のG.グリーンクリニック」を利用すると良いと思います。



-AGA治療

Copyright© 薄毛の手帳 , 2018 All Rights Reserved.