薄毛の手帳

薄毛を改善するための方法に関する情報を詳しくお伝えします

育毛サプリ

イソフラボンサプリで育毛するなら取り過ぎに注意!!

更新日:

イソフラボンとは、大豆などの多く含まれている栄養素として有名です。

ウィキペディアによると、

イソフラボン類はポリフェノールの分類のひとつで、イソフラボンを基本骨格とするフラボノイドである。ダイズ、クズなどのマメ科の植物に多く含まれている。

とあり、効果としては女性ホルモンと似たような働きをするとのことです。

なぜ、イソフラボンが育毛に有効なのか

いわゆるAGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの過剰な分泌が原因のひとつとされており、なかでもジヒドロテストステロン(DHT)が大きく関係すると言われています。

また、5αリダクターゼという酵素が遊離テストステロンをDHTへと変換するということがわかっています。育毛剤の中でのこの5αリダクターゼの働きを抑制する働きのある商品が多くありますね。

前述のようにイソフラボンには、女性ホルモンに近い働きがあり、5αリダクターゼの働きを阻害してDHTへ変換されにくい状態を作ることができます。

正確に言うと、イソフラボンは育毛に効果があるというよりは、抜け毛の原因のひとつを抑える効果があるという表現が正しいと思います。

昔算数の問題で、水道から水槽に水を入れて、同時に水槽から水を抜くという問題があったと思いますが、育毛剤などで栄養を与え、頭皮マッサージによって血行を良くして、新たな毛髪を育てることを水槽に水を入れる側で、5αリダクターゼの働きを阻害することは水槽から水を抜く側ということになります。

そして、実際に水槽の中に溜まっている水の量が、髪の量というようなイメージです。

rep319

当サイトでいう薄毛改善とは、水槽により多くの量の水を残すことが目的ですから、イソフラボンの摂取で髪に対するマイナス面を消していくことは立派な育毛ということができます。

どのような食品から摂取するか

イソフラボンは、大豆に多く含まれていることは有名です。
ですから、

  • 納豆
  • 味噌汁
  • 豆腐
  • 大豆飲料

などから容易に摂取することができます。

 どのような栄養素でも、食事から摂取することが望ましいとは思いますが、困難な場合もありますので、サプリメントで1日あたりの摂取量を明確にして管理するというのも良いのではないかと思います。

イソフラボンの過剰摂取による副作用

  • 子宮内膜ガン
  • 腎結石
  • 膀胱がん

などの副作用がみつかっています。

 他にも、注意点として、「妊娠中・授乳期の女性」「乳幼児」「15歳以下の子供」「ガンになったことがある人」は、食事以外に更に追加して摂取するのはやめましょう。

まとめ

 一日の上限摂取量は75mgと言われています。それに対して一般的なサプリメントでは1粒25~30mg程度のものが多いようですね。

食事からの摂取量も考慮に入れてサプリメントを摂取するようにしましょう。

イソフラボン配合の育毛サプリメント

GUNGUN(ぐんぐん)

  • 厳選された7種の天然成分配合
  • 定期便なら1日あたり128円
  • 通販サイトランキング4部門で1位
  • 医薬品製造の許可を得るための基準と同等の品質管理で安全
  • コスパ最高レベル

男女兼用高コスパAGA国内製造特典有

厳選された7種の天然成分が配合されており、AGA治療薬のような副作用の心配もなく、男性女性を選ばない育毛サプリメント。 定期便なら2540円OFFで、1日あたり128円という安さで高いコスパが最大の魅力。

厳選の薄毛対策アイテム集

厳選の育毛アイテム特集

- 「薄毛の手帳セレクション」 -

数年にわたり様々なアイテムを使用してきた経験で各アイテムを評価!
スカルプシャンプーと育毛サプリを厳選して紹介しています。




-育毛サプリ

Copyright© 薄毛の手帳 , 2018 All Rights Reserved.