育毛剤

リデンシル配合育毛剤「REDEN」を使ってみた評価と口コミ

育毛剤REDENの評価レビュー

REDEN(リデン)の詳細

  • 超高級成分のリデンシルを3%配合
  • 臨床試験で結果が出ているから期待できる
  • 育毛剤ランキング3冠
  • 医薬部外品になって信用度もアップした
  • 永久返金保証書発行!!

リデンシルという成分をご存知ですか?

REDENのことを調べているのなら、ご存知かもしれませんね。
そうです。いま、もっとも注目されている育毛成分のひとつです。

そして、このリデンシルを配合している育毛剤で有名なのがこのREDEN(リデン)です。

ここでは、REDEN(リデン)を実際に使ってみたレビューを評価と口コミとしてお伝えしていきたいと思います。

リデンシルとは注目の新育毛成分のこと

リデンシルの説明転載元:公式サイト

REDEN(リデン)を語るうえで注目の育毛成分である「リデンシル」抜きには語ることはできません。

リデンシルとは、スイスのインデュケム社が開発した成分のことで、2014年の世界最大級の化粧品原料・技術の展示会で銀賞を獲得した大注目の育毛成分です。

リデンシルの構成成分
  • セイヨウアカマツ球果エキス
  • チャ葉エキス
  • グリシン
  • ピロ亜硫酸Na
  • 塩化亜鉛

リデンシルの効果は、大きくふたつに分けられます。

頭皮の炎症を抑える」「毛母細胞の増殖のふたつの効果があります。

このふたつの効果が臨床試験で確認されている信頼度の高い成分なんです。

育毛剤には、積極的に髪の毛を育てるために目玉となる「勝負成分」が入ってることが多いですよね

例えば、他社の育毛剤では「キャピシル」や「M-034」などがそれにあたります。

REDEN(リデン)の髪を育てるための目玉成分はこの「リデンシル」なんです。

REDENを選ぶのはリデンシルの効果が数字で示されているから

リデンシルの効果転載元:公式サイト

リデンシルの詳しいメカニズムは公式サイトで確認してもらえばわかると思いますが、ここであなたが気になるのはその効果ですよね。

REDEN(リデン)は、「どれくらいの期間で、どのくらいの効果」だったのかが数字で示されているので、素直に期待しやすいんですよね。

ただ、「凄いんです!!」なんて大きな声で言われても信じられないですよね。
リデンシルの臨床実験内容
  • 18-70歳の男性26名を対象
  • リデンシル含有量3%の試験用トニックを使用
  • 84日間継続使用

で、どんな効果がでたのかというと、

84日間

成長期の毛髪率が9%増加して

脱毛率が17%減少

リデンシルは男性ホルモンを抑えて効果を出しているわけではない

リデンシルと男性ホルモンの関係
リデンシルは、男性ホルモンを抑えて抜け毛を防いでいくというアプローチではなく、幹細胞の働きを促進して髪の毛を育てるというアプローチです。

でも、男性の薄毛の原因のほとんどは「AGA(男性型脱毛症)」ですよね?

にもかかわらず、REDENは男性ホルモンを抑制せずに脱毛率が17%も減少しているという結果が出ています。

ここで私は思ったんです。


「別の方法でAGA対策を併用すれば、抜け毛はかなり減らせるのではないかと」

男性ホルモンを抑制してAGA対策をするには、AGA治療薬のフィナステリドやノコギリヤシを配合した育毛サプリを追加すればREDENは最強かもしれない。

リデンは確かに期待できる育毛剤なんですが、品薄状態が続いたり安定して供給されないところが難点です。

その点安心して使い続けるのならやはりBUBUKA ZEROをおすすめしますね。

/注目の17型コラーゲン配合の育毛剤\

「REDEN」のみんなの口コミ

当サイトでは、サイトからのレビュー投稿に加え、クラウドソーシングでのアンケート調査結果を口コミとして掲載しています。
レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5

送信

     

キャンセル

口コミを書く

薄毛の手帳

みんなの口コミ:  

 4 件の口コミ評価

by よさよし on 薄毛の手帳
抜け毛が減ったような感覚があり良かった。
年代/性別(例:30代男性): 30代男性

髪の毛がフサフサになったり髪の毛が太くなったような感覚はないんですが、髪の抜け毛が減ったような感覚があり良かったです。

時間はかかりましたが、頭皮に良い育毛剤でしたね。

また、使う時のにおいも気にしたことなく使うことができた育毛剤です。

by mezamasii65 on 薄毛の手帳
刺激性が少なく使い続けられる
年代/性別(例:30代男性): 20代男性

私は20代前半の頃から髪のボリュームが減ってきました。

すぐにいろいろな育毛剤を試しましたが、効果が薄かったり、刺激が強くて頭皮に合わなかったりと継続して使用することができませんでした。

そんな時に友人に紹介されてREDENを使い始めました。刺激が少なくてとても使い心地が良かったです。また、頭皮のボリュームも増してきました。

今でも毎日使い続けており、REDENを愛用しています。

by akasaka43 on 薄毛の手帳
明らかに抜け毛が減った。
年代/性別(例:30代男性): 20代男性

私は20代前半の頃から抜け毛が気になっていました。

頭皮も頭頂部がやや薄くなってきたように感じたので、REDENを試してみました。

育毛剤は刺激が強いということを聞きますが、REDENは刺激が少なく、使用しても特に問題ありませんでした。

使用してから1ヶ月程でシャワーに入った後の排水溝に溜まる抜け毛や起きた後に枕に着いている抜け毛は減ってきました。

頭皮のボリュームもやや増えた感じがします。

効果を実感できているのでこれからも使い続けたいと思います。

Page 1 of 2:
«

 

 

1
2

 

»

 

リデンシル配合育毛剤「REDEN」の口コミレビュー

REDEN(リデン)のレビュー
REDEN(リデン)といえば、強い髪の毛をイメージさせるボトルデザインですよね。

黒光りしていて、こいつは何かやってくれそうです。

REDEN(リデン)の使い方

REDEN(リデン)の使い方
REDENの使い方
  1. 1回8から10プッシュ
  2. 1日朝・晩2回
  3. 頭皮全体に塗る
  4. 塗ったあとはよくマッサージ

REDEN(リデン)の色やニオイ

REDEN(リデン)の色とニオイ
リデンはスプレータイプなのですが、手にとってみたのが上の画像です。

色は無色透明ですね。

ニオイは特別気になることはありませんが、鼻の近くまで持ってくると少し薬品のようなニオイがしました。(マキロン的なニオイ?)

周囲の人に迷惑がかかるようなニオイではありませんし、乾いたあとに整髪料をつけても変なニオイになることはありません。

REDEN(リデン)の使用感

REDEN(リデン)はスプレータイプ
REDENの噴射口は画像のとおり、スプレータイプです。

育毛剤では頭皮に噴射するスプレータイプのものと、頭皮に直接塗るノズルタイプが主流です。

個人的なイメージでは、スプレータイプはサラサラしているので液だれがしやすく、薄毛の部分に育毛剤がとどまりにくいので、m字ハゲの場合は向かないと思っています。

ただ、このREDEN(リデン)はそれほど液だれしませんでした。
某スプレータイプのチ〇ップ〇ップは、だらだらと額に流れ落ちてくるので、少し噴射してマッサージしてを何回かに分けてする必要がありました。

REDEN(リデン)も少しは液だれしますが、頭皮全体に噴射している間も額に流れ落ちてくるほどではありません。

そして、頭皮マッサージのあとはスッキリとメントールのさっぱり感が広がります。
個人の好みですが、私はこの爽快感がある方が好きですね。

塗れていないところも確認できるし、何より血行が促進されている感がありますからね。

育毛剤を選ぶうえで、重要なポイントに「自分の頭皮に合うのか」ということがありますが、継続して使用してみましたが、私の場合は「かゆみやフケ、頭皮の炎症」などのトラブルはありませんでした。

これは肌質にも関係があることですから、必ず大丈夫だとは言えませんから、心配な場合は事前にパッチテストをしてみてはどうでしょうか。

リデンシル配合育毛剤「REDEN」の評価と口コミまとめ

結論から言うと、なかなか使いやすいなという印象ですね。

スプレータイプのわりに液だれしにくいこと、頭皮全体に馴染ませやすかったところが気に入っています。

ただ、m字ハゲの場合はノズルタイプで液体に適度な粘りがある方が頭皮に浸透しやすいかもしれません。このあたりは好みの問題もありますね。

それよりも、ポイントは男性ホルモンの抑制をせずに抜け毛をあれだけ抑えることができているので、育毛サプリやフィナステリドと併用することでさらに抜け毛を抑えることができるんじゃないか期待させられますね。(現在、フィンペシアと育毛サプリ2種も併用しています)

しかし、REDEN(リデン)は製造が遅れるなど、なかなか手元に届かない状況が続いています。
育毛は継続して続けることが大切なので、商品が手に入りにくいというのは致命的です。

その点、BUBUKA ZEROなら、企業としての実績も豊富だからしっかりとした販売が期待できます。
BUBUKA ZEROにも今話題の17型コラーゲンが配合されていていますし、定期コースならサプリメントも付いてくるので効果が期待できます。

>> BUBUKA ZEROの評価記事

>> REDEN公式サイト