薄毛の手帳

薄毛を改善するための方法に関する情報を詳しくお伝えします

薄毛・抜け毛改善コラム

育毛剤を若いうちから使うべき3つの理由 | 後から後悔しない

投稿日:

若いうちから育毛剤は有効
育毛剤や発毛剤と聞いて、「中高年のオッサンが使うアイテム」とイメージしていませんか?

確かに、育毛剤は抜け毛を予防して発毛を促す目的で使う頭髪用のローションやジェルですので、薄毛の人が使いますよね。

しかし、育毛剤の効果を高めるに当たって、実は若いうちから使った方が良いのです。

管理人
実は私も20代から育毛剤を使っておけば良かったと後悔しているひとりなのです。

なぜ若いうちから育毛剤を使うべきなのか、考えられる理由をまとめてみました。

育毛剤を若いうちから使うべき3つの理由

【理由①】薄毛の予防ケアに繋がるから

性別によって多少の違いはありますが、男性の薄毛の原因の中でもっとも多いのはAGA(男性型脱毛症)です。

ここでは、男性が発症するAGAについて簡単に見ていきましょう。

AGAのメカニズム

  1. 男性の身体は主に睾丸から男性ホルモン(テストステロン)が分泌されている
  2. テストステロンが血液を通して頭皮に存在する5αリダクターゼと結び付く
  3. より強力な悪玉の男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)に変化する
  4. DHT(ジヒドロテストステロン)は毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合する
  5. 毛乳頭や毛母細胞に髪の毛の成長をストップさせるように指令を出す脱毛因子のTGF-βが増える
  6. 生え際が後退するM字型ハゲや頭頂部から薄くなるO字型ハゲに繋がる

AGAは、「○○歳になったら発症する」など年齢は関係ありません。

10代や20代の若者でも男性ホルモンが流れている男性であればAGAになるリスクはありますので、薄毛の予防ケアのために育毛剤の使用が役立ちますよ。

育毛剤に認められている効果は主に次の4つです。

育毛剤の効果

  • 発毛を促進する
  • 抜け毛を予防する
  • 髪の毛を育てる
  • 頭皮環境の正常化
今の髪の毛を太く長く育てるサポートもしてくれますので、若いうちから育毛剤を使って将来的に薄毛で悩まされないように予防した方が良いのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

管理人
私にも「自分は抜け毛や薄毛と無縁だ」と感じている時期がありました。


学生時代や20代前半の方なら、「髪を染めたり」、「ヘアアイロンを使って熱を加えたり」されている方も多いと思います。

髪や頭皮を痛めることによって、あるときから急に髪が弱くなっていくことがあります。
若い時にすぐに影響が出れば気づくことができますが、後になって頭皮に負担をかけていた部分の髪が弱くなっていることに気づくのです。

だから、髪や頭皮に負担をかけている人は、育毛剤を使って栄養補給や保湿、炎症を防ぐなどをしておかなければならないのです。

若い年代からしっかりと頭皮ケアやヘアケアをすることで年齢を重ねても太くて強い髪の毛をキープできます。

【理由②】薄毛は加齢によって進行するから

薄毛は年を取るたびに深刻
自分が薄毛で悩んでいるのを認めたくないということで、次のように考えていませんか?

  • まだ若いから何もしなくても大丈夫
  • まだ薄毛が気になり始めたばかりだから神経質にならなくても良い
  • ちょっと薄い気がするけど自然に治るだろう



周囲の人から「やっぱり気にしてたんだ・・・」と思われたくない気持ちは分かりますが、薄毛を放置していると対策が難しいほど状況が悪化するケースがあります。

男性が発症するAGAによる薄毛は加齢によって進行しますので、ちょっとでも髪の毛に不安を抱えているのであれば、若いうちからでも育毛剤を使用すべきです。

一度進行して手遅れの状態になってから回復を目指すのはとても難しいことです。

薄毛の進行前から正しい対策を打っていればフサフサの若々しい状態を維持できる可能性があります。

そのための効果的なアイテムが育毛剤ですので、自分の年齢に関わらず薄毛が気になりだした段階で使った方が良いでしょう。

【理由③】育毛剤の使用には年齢制限がないから

天然成分を含む育毛剤であれば、使用に関して厳密に年齢制限はありません。

AGAは早い人では10代から発症する人もいます。
その他の薄毛でも、年齢に関わらず若い人でも発症することがあります。

10代後半や20代前半などの若者でも、40代や50代の中高年の男性でも、薄毛が気になった時こそが育毛剤を使い始める適切な年齢です。

以下では、育毛剤を使い始めた年齢に関する口コミ情報をまとめてみました。

・私なんて薄毛だから10代から育毛剤を使っているよ
・俺は30代で生え際が気になりだしたから育毛剤を試してみた
・親戚を見ると不安だから20代で早くも高めのシャンプーと育毛剤を使っている

「10代」⇒「20代」⇒「30代」と年齢を重ねるにつれて薄毛に関する悩みが深刻になりやすいので、若いうちから使用するに越したことはありません。

育毛剤を早い段階から使うことで、「耐性ができるのでは?」「だんだんと効かなくなるのでは?」と不安を抱えている方はいます。

内服薬や外用薬の医薬品の場合、同じ刺激に慣れて少しずつ反応が効かなくなるケースはありますので注意が必要です。

しかし一部を除き、天然成分が含まれた育毛剤は医薬品ではありませんので、何歳から使っても耐性ができることはないでしょう。

人体に悪影響を起こすような成分も含まれていないから、若者の薄毛対策として育毛剤は役立ちますよ。

先ほどもお伝えしたように、若いうちからAGA治療薬などの医薬品を使うことで体に耐性ができてしまい、効果がなくなってしまうかもしれません。

ですから、AGA治療薬は本当に薄毛が進行してから使うほうが良いのです。

若者におすすめの育毛剤はこれだ!

育毛剤と一口に言ってもたくさんの種類がありますので、どれを使えば良いのか迷っている方は多いのではないでしょうか。

そこで、薄毛の症状で悩んでいる若者にはBUBKA ZERO(ブブカゼロ)がおすすめです。

育毛剤のBUBKA ZEROの中には、次の成分がバランス良く配合されています。

BUBUKA ZEROをすすめる理由

  • 発毛を促す17型コラーゲンの生成を助ける「マジョラム」を配合
  • 育毛を強化してくれる「M-034」を大量に配合
  • 毛髪を維持するのに必要な「海洋性成分(ミネラル分)」もしっかり入っている

しかも、BUBUKA ZEROはほんの少し粘り気があるので、液だれせずにしっかり頭皮に残るので初めて育毛剤を使う人でも安心です。

これらの相乗効果で太くて長い髪の毛を維持することができますので、若いうちからBUBKA ZEROを毎日の生活に取り入れて薄毛を予防してみてください。

>> BUBUKA ZEROをもう少し詳しく知る

厳選の薄毛対策アイテム集

厳選の育毛アイテム特集

- 「薄毛の手帳セレクション」 -

数年にわたり様々なアイテムを使用してきた経験で各アイテムを評価!
スカルプシャンプーと育毛サプリを厳選して紹介しています。




-薄毛・抜け毛改善コラム

Copyright© 薄毛の手帳 , 2019 All Rights Reserved.