薄毛の手帳

薄毛を改善するための方法に関する情報を詳しくお伝えします

薄毛・抜け毛改善コラム

育毛剤を個人輸入で購入するメリットとデメリット

更新日:

育毛剤の個人輸入
育毛剤や発毛剤の購入場所は、薬局やドラッグストアだけではありません。

近年ではインターネット通販や個人輸入代行サイトを使って、育毛剤を購入している方が増えていますね。

特に、AGA治療のジェネリック医薬品を入手するのに海外から取り寄せるなんて人もいます。

管理人
実際、私もAGA治療薬のプロペシアのジェネリック薬を海外から取り寄せています。

育毛剤を個人輸入で購入するメリットをまとめてみた

育毛剤を購入する方法のひとつに、海外の医薬品やサプリメントを個人の代わりに取り寄せて届けてくれる個人輸入代行サイトがあります。

なぜ育毛剤を個人輸入で購入している人が多いのか、幾つかのメリットを見ていきましょう。

育毛剤を個人輸入するメリット

  1. 外国で広くその効果や安全性が認められている医薬品を薬事法特例に則って購入できる
  2. 医薬品成分が配合された製品を医師の処方箋無しで簡単に入手できる
  3. 豊富に存在する製品の中から自分に合いそうな育毛剤を比較して入手できる
  4. 国内の通販サイトや実店舗では取り扱っていない育毛剤を購入できる
  5. 病院やクリニックの診察費用は一切かからないため、1本当たりの価格が非常に安い
  6. Amazonや楽天市場などの通販サイトを使うイメージで買い物ができる(初心者でも購入方法や手順が簡単)

日本で購入できない育毛剤を使える」「同じ成分でも費用を安く抑えられる」という点に魅力を感じて、個人輸入を利用している方はたくさんいます。

男性が発症するAGAにしても女性が悩まされるびまん性脱毛症にしても、薄毛の克服は1日や2日など短い期間では何ともできません。

理想のヘアスタイルを手に入れるまでには数ヵ月から数年と時間がかかります。

そういう意味では育毛にかかるランニングコストを抑えることはとても重要になります。

個人輸入で入手できる代表的な育毛剤はミノキシジル系が主流

ここでは、個人輸入で入手できる代表的な育毛剤を紹介していきます。

国内のドラッグストアやクリニックで購入できない製品が多いので、個人輸入代行サイトの利用を考えている方は参考にしてみましょう。

ロゲイン(Rogaine):頭皮の血管を拡張する成分のミノキシジルを5%含んでいる
アクタビス(Actavis):毛細血管を拡張するミノキシジルが2%含有されている
フォリックスFR(ポラリスNR):ミノキシジルの配合率が最大で16%と非常に高い
ドクターゼロ:デュタステリドとミノキシジルの両方の有効成分を含むローション
カークランド:ロゲインのジェネリック医薬品で1本当たりの価格が安い

利用する個人輸入代行サイトは、「長年に渡って運営しているか?」「信頼できるサービスなのか?」「商品の価格は安いのか?」といったところを確認するようにしましょう。

育毛剤を個人輸入で購入するデメリットに注意!

海外で販売されている育毛剤を購入できると聞き、「個人輸入代行サイトは便利だね」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

しかし、育毛剤を個人輸入で購入するに当たり、デメリットもありますので注意してください。

副作用が引き起こされても全て自己責任になる

医薬品成分を含む育毛剤には、次の副作用のリスクがあります。

  • 頭皮が炎症を起こして赤くなる
  • 頭皮がピリピリと痛む
  • 皮膚に湿疹や蕁麻疹ができる

個人輸入で購入した育毛剤を使って頭皮が炎症を起こして抜け毛が増えたとしても、全て自己責任になる点は要注意です。

それに、個人輸入で医薬品成分を含む育毛剤を使う時は、正しい使い方について自分で調べないといけません。

専門の医師から説明を受けることはできないため、副作用のリスクが怖い方はなるべく避けるべきです。

海外の育毛剤(AGA治療薬)とは違い、日本国内で販売されているBUBKA ZEROなどの育毛剤は安全に抜け毛や薄毛の対策ができます。

海外製であるからというよりも、医薬品には副作用があるものが多くあります。
医薬品の副作用が怖いなら、副作用の可能性が少ない国産の医薬部外品の育毛剤を使うべきです。

例えば、BUBUKA ZERO(ブブカゼロ)などは頭皮や髪の毛の優しさに拘って、パラベンや鉱物油などの添加物を含まない9つのフリーを心掛けている育毛剤ですので、安心して使用することができます。
医薬品ほどの効果は期待できないかもしれませんが、育毛剤にプラスして育毛サプリもついてきますから、一定の効果を期待することができます。

当サイトでもBUBUKA ZERO(ブブカゼロ)を実際に使用して評価した記事を掲載していますので、よろしければ参考にしてみてください。

>> 新BUBUKA ZERO(ブブカゼロ)育毛剤を評価

偽物や粗悪品を掴まされるリスクがある

運営歴の長い信頼できる個人輸入代行サイトを使っていれば、商品の購入で大きなトラブルに繋がることはありません。

しかし、個人輸入で育毛剤を購入するに当たり、次のような製品を掴まされるリスクがありますよ。

  • 正規品に非常によく似た偽物
  • パッケージや中身の成分が違う製品
  • 有害物質が含まれた粗悪品

偽物や粗悪品は本来の薄毛改善効果が期待できないだけではなく、別の物質による副作用のリスクも十分にありますので、個人輸入代行サイトの選び方には注意が必要です。

救済制度の対象にならない

内服薬や外用薬などの医薬品を適正に使い、重篤な健康被害が引き起こされた時は医薬品副作用被害救済制度の対象になります。

医薬品副作用被害救済制度が適用されると、医療費の給付といった救済を受けられるのが特徴です。

これはあくまでも医師の指示に従って医薬品を使用したケースだけで、個人輸入した育毛剤や内服薬は対象になりません。

上記でも説明したように個人輸入は全て自己責任になるため、救済制度の対象にはならないわけです。

育毛剤や発毛剤の使用で頭皮の赤みやかゆみなどの副作用が出るのは珍しくありませんので、「どうしても個人輸入で医薬品を購入したい!」という方は気を付けてください。

育毛剤を個人輸入で購入するメリットとデメリットまとめ

ここまで見てきて、育毛剤を個人で輸入することは、「ジェネリック医薬品を処方箋無しで入手できる」「価格を安く入手できる」というメリットがあることがわかりました。

しかし、デメリットとしてはすべてが自己責任ということでした。

できる限りデメリットを無くすには、実績のある薬を選ぶことと、実績のある業者を選ぶことが重要になります。



私は、個人的にミノキシジル系の副作用が怖いため使用していませんが、上の画像のような同じくAGA治療薬のプロペシアのジェネリック医薬品を個人で輸入しています。

そして、購入には「オオサカ堂」を利用しています。
オオサカ堂は個人輸入のパイオニア的な存在で古くから実績があります。

また、各医薬品についてのレビューの数が膨大なので、実際に購入した人の意見を確認することができるため安心して利用できます。

実際に私も、3年以上プロペシアのジェネリック医薬品を継続して使用していますが、トラブルはひとつも起きていません。

もちろん、医薬品ですから育毛効果についても一定の効果を実感しています。

自己責任でもしっかりと結果を出したいと考えている人は、オオサカ堂でプロペシアのジェネリック医薬品から始めてみてはどうでしょうか。

厳選の薄毛対策アイテム集

厳選の育毛アイテム特集

- 「薄毛の手帳セレクション」 -

数年にわたり様々なアイテムを使用してきた経験で各アイテムを評価!
スカルプシャンプーと育毛サプリを厳選して紹介しています。




-薄毛・抜け毛改善コラム

Copyright© 薄毛の手帳 , 2019 All Rights Reserved.