薄毛の手帳

いまおすすめの薄毛予防スカルプケアの方法は育毛サプリ!!安くて良いものを比較して選んでみませんか

薄毛・抜け毛改善コラム

タバコによる薄毛・抜け毛

更新日:

タバコを吸うことによる健康被害は、薄毛の問題に限らず多くの健康被害を起こすと言われています。

一般的に言われている喫煙による害には以下のような項目があります。

  • ニコチン依存症
  • がん
  • 呼吸器疾患
  • 循環器疾患
  • 免疫低下・感染症
  • 歯科疾患
  • 精神
  • 神経疾患

健康被害が甚大であることがわかります。
しかし、本サイトは薄毛の改善を目的としていますので、関連がありそうな項目について確認していきたいと思います。

循環器疾患

薄毛の改善に最も関係があるのは、「循環器疾患」だと思われます。

タバコの煙に含まれる活性酸素は、動脈硬化を進め血液をドロドロにします。
また、高血圧を引き起こします。それに加え、タバコに含まれる「ニコチン」「一酸化炭素」は血管を収縮させ、血中コレステロールを増やします。また、ビタミンCやコラーゲンを破壊してしまいます。

動脈が収縮し動脈が狭くなり、血管がつまると、心臓に栄養や酸素が十分に行きわたらないことになります。
合わせて一酸化炭素はヘモグロビンを奪い、体全体へ酸素や栄養を運ぶのをさらに阻害します。
これにより、髪へ十分な酸素と栄養が届かなくなり、髪の成長を妨げ、薄毛の原因となります。

ま  と  め

血液の循環は薄毛の改善において大変重要なものであります。
ですから、禁煙をするだけで髪の成長を阻害する要因のいくつかを取り除くことが可能になります。

かといって喫煙は中毒でもありますので、簡単に禁煙することは難しいと思います。
ですので、喫煙による毛髪へのマイナスの影響を取り除く対策を行うことが重要になってきます。

ここでいうマイナスの影響とは、血管の収縮による血流の悪化栄養素の破壊のことです。

これを改善するために、全身のマッサージで血流を良くすることや、食生活やサプリメントの摂取による栄養素の補完をすることが大切であると思います。



-薄毛・抜け毛改善コラム

Copyright© 薄毛の手帳 , 2018 All Rights Reserved.