育毛剤

育毛剤の使用で気休め程度の効果しか期待できないって本当?

育毛剤は気休めじゃない

薄毛が気になり始めた人が、はじめに興味を持つのは育毛剤や発毛剤ですよね。

しかし、頭皮に塗るだけで本当に髪が生えるのか疑問ですよね。

だって毎月結構な出費をしても髪が生えない気休めのものだったら納得できませんよね。

ここでは、育毛剤には気休め程度の効果しかないのか、育毛剤に期待できる効果は何なのかについてお伝えします。

結論からお伝えすると、医薬部外品の育毛剤であれば期待することもできます。

育毛剤が気休めだと思われている現状

・どうせ気休め程度の効果しか実感できないのでは?
・外側から塗っても意味がないのでは?
・髪の毛が生えるなんてことはあり得ないのでは?

確かに、自然派成分を含む育毛剤は医薬部外品や化粧品に当てはまるため、医薬品とは違って下記の特徴がありますね。

育毛剤の特徴
  • 病気の治療と言えるような効果は得られない
  • 短期間で髪の毛がグングン生えるわけではない
  • 予防や衛生管理という位置付けの製品

※ 医薬部外品の製品については、育毛や発毛に対して一定の効果があるとされている成分が入っています

「育毛剤は気休めにしかならない」と感想を残している方はいますが、それでも抜け毛や薄毛で悩んでいるのであれば育毛剤は使うべきです。

正しい方法で毎日の生活に医薬部外品の育毛剤を取り入れていれば、現状維持以上の効果を望むことができます。

育毛剤で期待できる3つの効果はこれだ!

育毛剤の3つの効果
「育毛剤は気休めではない!」と言い切れるのは、頭皮に塗布することで髪に様々な効果が期待できるからです。

製品によって配合されている成分には違いがあるものの、育毛剤の使用で得られる3つの効果について見ていきましょう。

育毛剤で得られること
  • 【効果①】血管を拡張させて頭皮の血行を促し、毛乳頭や毛母細胞に栄養素や酸素を届けて髪の毛の成長を促す
  • 【効果②】抗炎症作用の高い成分や保湿成分の配合で、頭皮環境を正常な状態に整えられる(髪の毛がしっかりと育つ環境を作ることができる)
  • 【効果③】ヘアサイクルを狂わせる原因のDHT(ジヒドロテストステロン)を押さえて抜け毛の本数を減らすことができる

育毛剤の本当の役割は、髪の毛を生み出すのではなく髪の毛を育てる作用です。

そもそも、髪の毛が太く長く健康的に育つには、「血流を促す」「頭皮環境を整える」「ホルモンバランスを整える」という3つを意識しないといけません。

この3つの要素に働きかける効果が育毛剤にはありますので、気休めのアイテムではないことはお分かり頂けるのではないでしょうか。

何もしなければ抜け毛や薄毛の症状は加速していくため、「ちょっとヤバいかも・・・」と感じている方は早めに手を打つべきですよ。

気休めに感じている人の多くは、育毛剤の効果よりも薄毛の進行が進んでいるからです。

早めの対策で薄毛の進行を遅らせることができる可能性があるのです。

育毛剤を気休めで終わらせないために押さえておきたいポイント

「育毛剤は気休め程度の効果しか得られない」と考えているあなたは、商品の選び方や使い方を勘違いしている可能性があります。

そこで、以下では育毛剤を気休めで終わらせないために押さえておきたいポイントをまとめてみました。

育毛剤の正しい選び方について把握する

育毛剤選びのポイント
一口に育毛剤と言っても、現在では実店舗で市販されている製品からネット通販限定の製品までたくさんあります。

製品によって得られる効果は違うため、育毛剤の正しい選び方について把握しておかないといけません。

自分の体質や薄毛の症状に合う製品を選んでいれば、気休めではなく確かな薄毛改善効果が期待できますね。

具体的にどのような点に気を配って育毛剤を選べば良いのか見ていきましょう。

育毛剤選びのポイント
  • 「血行促進タイプ」「頭皮環境改善タイプ」「ホルモンバランス調整タイプ」「細胞活性化タイプ」と、何に特化した製品なのか確かめる
  • それぞれの商品が推している成分が何に効くのかきちんと調べておく(医薬部外品であることがベター)
  • 刺激的な成分を排除してデリケートな肌でも安心して使用できる
  • お手頃な価格で少しでも長く使用し続けることができる

有効成分や安全性に着目していれば、質の高い育毛剤を見つけることができます。

例えば、シリーズ累計で150万本を突破した人気のBUBKA ZERO(ブブカゼロ)は、「血行促進タイプ」「頭皮環境改善タイプ」の育毛剤です。

発毛を促すマジョラムエキスや育てた毛髪を守り抜くM-034といった効果的な有効成分がバランス良く含まれていますので、BUBKA ZEROを使って薄毛の克服を目指してみてください。

BUBKA ZERO(ブブカゼロ)に配合されているマジョラムエキスは17型コラーゲンという育毛に効果のある成分を作り出すのを助けることができます。
さらに、BUBKA ZERO(ブブカゼロ)は医薬部外品ですから、製品自体の信用度がかなり高いです。

実際に当サイトでもBUBUKA ZREO(ブブカゼロ)を使ってみたレビュー記事を掲載しています。
よろしければ参考にしてみてください。

どんな育毛剤を選ぶ場合でも、「必ず医薬部外品を選ぶ」ようにしてください。

正しい方法で育毛剤を使用する

育毛剤の使い方とタイミング
「実際に育毛剤を使ってみたけど気休め程度の効果しかなかったよ」と意見を残している人は、間違った方法で使用している可能性があります。

育毛剤の本来の効果を引き出せなければ、抜け毛の抑制も薄毛の改善もできません。

ここでは、育毛剤を使う上で押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

育毛剤使用のポイント
  1. 最初にシャンプーをして頭皮や髪の毛に付着している汚れを綺麗に取り除く
  2. 髪の毛自体ではなく、薄毛が気になる頭皮にピンポイントで塗布する
  3. 育毛剤を塗布しながら頭皮マッサージをして成分の浸透率を高める
  4. 塗るタイプでもスプレータイプでも頭皮につけた後は自然乾燥させる
  5. 短期間で効果なしと判断するのではなく、長期間に渡って使い続ける

育毛剤の使い方を間違うと、「有効成分が上手く浸透しない」「頭皮環境を整えることができない」といった問題が発生します。

育毛剤はこれ以上の抜け毛を防いで薄毛の進行を食い止めるのが一番の役割ですので、効果を最大限に引き出す使い方を継続すべきですね。

以前に育毛剤によるケアに取り組んで思うような変化を実感できなかった人は、今一度自分の使い方を見直してみてください。

育毛剤の効果的な使い方がわかるページ

また、先ほどもお伝えしたとおり、育毛剤は医薬品ではありませんから、クリニックなどで行うAGA治療のように短期間で発毛するような期待はできません。

短期間の育毛剤のの使用で、育毛剤は気休めにもならないなんて思わないでくださいね。

どうしても早く髪を生やしたいというのであれば、「AGA治療と育毛サプリの併用」が最短距離だと言えます。