薄毛の手帳

薄毛を改善するための方法に関する情報を詳しくお伝えします

薄毛・抜け毛改善コラム

育毛剤の使いすぎが良くない理由

更新日:

育毛剤の使い過ぎに注意
育毛剤を使って薄毛対策を行うに当たり、次のように考えている方はいませんか?

・たくさん塗った方が効果が高くなるのでは?
・1回の量を増やした方が髪の毛が伸びるのでは?

大抵は薄毛が気になり始めてから育毛剤を使う形になりますので、「どんどん症状が進行している」という焦りから使いすぎている人は多いのではないでしょうか。

しかし、育毛剤はあまりにも使いすぎていると、別の問題が発生しますので注意が必要ですよ。

ここでは、育毛剤の使いすぎが良くない理由をお伝えしていきたいと思います。

育毛剤の使いすぎが良くない4つの理由を挙げてみた

【理由①】雑菌繁殖の原因や栄養過多になるから

育毛剤が薄毛対策に適したアイテムなのは、次の3つの効果を同時に得られるからです。

  • 毛母細胞に栄養を与えて細くなった毛髪を太くする
  • 頭皮の血流を促して血行不良を改善できる
  • 抜け毛の原因になる男性ホルモンを抑制できる

これだけの効果を見ると、どうしても沢山塗ってしまいたくなりますよね。

でも、適量を塗布する分には問題ないものの、使いすぎていると通常よりも強い刺激が頭皮に加わったり栄養過多になったりしてしまいます。

また、育毛剤を塗り過ぎたばかりに頭皮がべたついてしまい、結果頭皮に雑菌が繁殖してしまうことで炎症を起こして抜け毛が増えるという結果になる可能性があります。

育毛剤を使い過ぎたと感じたら、ドライヤーを使ってしっかりと乾かすことも重要です。

【理由②】有効成分の吸収量には限界があるから

育毛剤の中には、血行を促したり男性ホルモンを抑制したりといった効果を促す成分がバランス良く入っています。

製品によって違いはありますが、髪の毛を太く長く伸ばすサポートをしてくれるのはこの有効成分のお陰ですね。

しかし、有効成分が頭皮から吸収される量には限界があります。

「たくさんの成分を行き渡らせて薄毛を改善したい」と考えて2倍の量を使ったとしても、頭皮から吸収されなければ全く意味がありません。

また、栄養素の中には必要以上の量については体外に流してしまうものもあります。

余分な成分は結局無駄になりやすいので、育毛剤の使いすぎはできる限り避けた方が良いわけです。

【理由③】使い過ぎで副作用のリスクが高くなる

一般的な医薬部外品の育毛剤では、天然成分を使用しているなど安全性が高いものが多いですが、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、ミノキシジルを含む育毛剤には副作用が出る可能性があります。

ミノキシジルは血管を拡張させる効果があり、毛乳頭や毛母細胞に栄養を行き渡らせて髪の毛を生やせるという仕組みです。

このミノキシジル育毛剤を使いすぎていると、副作用のリスクが高まりやすいので気を付けないといけません。

医薬品に分類されているミノキシジルは、通常の使用でも次の副作用のリスクがあります。

ミノキシジルの副作用の例

  • 頭皮がかゆくなる
  • 頭皮に湿疹や発疹ができる
  • 肌にニキビや吹き出物が形成される
  • 動機が起こる

用量や用法を守っていても個人の体質によっては問題が起こりやすいので、ミノキシジル育毛剤の使いすぎはNGなのです。

【理由④】金銭的な負担が大きくなる

通常よりも多くの育毛剤を毎日使っていれば、当然のように1本を使い切るまでの期間は短くなります。

正しい用量や用法で1ヵ月程度持つ製品の場合、1日の使用量を2倍に増やせば15日間しか持ちません。

つまり、育毛剤は使いすぎるほど、金銭的な負担も大きくなりますよ。

もちろん、ケチケチと使ってしまっても効果が薄くなりますので難しいのですが、金銭的な負担が増えて育毛剤を長く継続できなければ薄毛の改善には繋がりません。

余計なお金をかけないためにも、育毛剤は正しい量を毎日継続するのが大事だと心得ておきましょう。

育毛剤の使用量はどのくらいがベスト?

育毛剤の適量を解説
育毛剤の使用量に関しては、メーカーの製品によって違いがあります。

しかし、薄毛が気になる箇所とその周辺に液体が行き渡る程度でOKという点では一緒ですね。

頭皮がベタベタして液だれするくらい塗布しても、薄毛改善効果が大幅に高まることは絶対にありません。

育毛剤は、「きちんと塗布して頭皮に行き渡っている」という程度の使用量がベストです。

もっとも売れている育毛剤のひとつ「チャップアップ」などは1日あたり4ml(朝晩2回なら2ml/回)とアナウンスされています。

他にも、有名な育毛剤のBUBKA ZEROでも、1回当たり2mlと大まかな目安量が決まっています。

BUBUKA ZEROは適度な粘り気があるので、少量を頭皮につけたあと、マッサージをすれば広い範囲に育毛剤を塗ることができます。

目安量を守って継続すれば発毛を活性化したり抜け毛を抑制したりといった効果を実感できますので、是非一度BUBKA ZEROを試してみてください。

BUBUKA ZEROを実際に使ってみたレビューページ

育毛剤は一度にたくさん使うのではなく複数回に分けよう

育毛剤は一度にたくさんの量を使うよりも、複数回のタイミングに分けた方が効果的です。

目安としては1日に2回、多くても3回程度に分けて使うのが適しています。

なぜ複数回のタイミングに分けて育毛剤を使った方が良いのか、幾つかの理由を挙げてみました。

・育毛剤の中に入っている有効成分が頭皮にしっかりと浸透する
・育毛成分が頭皮に浸透している時間を長くできる
・長い時間に渡って育毛成分の効果を作用させることができる

1回当たりの量を減らしても、「朝と晩の1日に2回」「朝昼晩の1日に3回」とこまめに塗布すれば、育毛剤を使い過ぎるということはないでしょう。

「育毛剤を使いすぎる」⇒「雑菌が繁殖する」⇒「頭皮が炎症する」⇒「髪の毛の成長に支障が出る」といったリスクもありますので、正しい使い方で継続していきましょう。

厳選の薄毛対策アイテム集

厳選の育毛アイテム特集

- 「薄毛の手帳セレクション」 -

数年にわたり様々なアイテムを使用してきた経験で各アイテムを評価!
スカルプシャンプーと育毛サプリを厳選して紹介しています。




-薄毛・抜け毛改善コラム

Copyright© 薄毛の手帳 , 2019 All Rights Reserved.