薄毛の手帳

薄毛を改善するための方法に関する情報を詳しくお伝えします

薄毛・抜け毛改善コラム

ハゲの上手なごまかし方や隠し方 | アイテムや髪型

更新日:

ハゲを隠す
薄毛の症状が次第に進行して、次のような悩みを抱えている方はいませんか?

・何とかしてハゲをカモフラージュしたい
・ハゲだと周囲の人間にバレたくない
・少しでも若々しい印象を周りに与えたい

薄毛の治療や対策には時間がかかるため、直ぐに何とかできる方法について知りたい方は多いのではないでしょうか。

そこで、このページでは薄毛の上手なごまかし方や隠し方を幾つか紹介しています。

薄毛をカモフラージュするだけでも見た目年齢を若くすることはできますので、是非一度参考にしてみてください。

ハゲの上手なごまかし方や隠し方はこれだ!

帽子やキャップでハゲを隠す

ハゲ隠しに帽子を使う
「なるべくお金をかけずに簡単に薄毛をごまかしたい!」という方は、帽子やキャップを被りましょう。

「え?たったのこれだけ?」と感じている人はいますが、薄毛の隠し方としては実に効果的ですよ。

薄毛を隠すだけではなく、帽子やキャップを被ることで得られるメリットをまとめてみました。

帽子やキャップのメリット

  • オシャレアイテムとして役立つ(ファッションとして楽しむことができる)
  • 朝に出掛ける際に寝ぐせを気にしなくても良い
  • 夏場は頭皮を老化させる紫外線のダメージから守ることができる

室内では着用できないところもありますが、ファッションとして楽しんだり紫外線対策ができたりといった魅力があります。

夏場は通気性の良い麻や綿で作られた帽子、冬場は保温性の高いアクリルやウールで作られた帽子と、季節によって使い分けるのもポイントです。

ハゲが目立ちにくい髪型やヘアスタイルにする

薄毛は普段の髪型やヘアスタイルによって、目立つのか目立たないのか決まります。

例えば、薄毛の人がその部位を隠すために無理に髪の毛を伸ばしてロングヘアにしていると、逆に違和感のある髪型になりやすいので気を付けないといけません。

以下では、男性の薄毛の悩み別で、おすすめのヘアアレンジを幾つか挙げてみました。

ハゲが目立たない髪型の例

[生え際のM字ハゲをカバーしたい]:薄毛が目立つ部分よりも更に短い部分を作り、更にサイドバックを短くカットする
[前頭部の薄毛をカバーしたい]:サイドと前髪をスッキリカットしてトップの根元をフワっと立ち上げる
[頭のてっぺんにボリュームを出したい]:全体的に短くカットしてトップの根元にパーマをかける
[広くなったおでこを隠したい]:前髪とサイトの両方を短くカットするベリーショートにする

ヘアスタイルは見た目のイメージを決める重要な要素ですので、自分の薄毛に合うアレンジを探してみてください。

増毛パウダーやスプレーでハゲを隠す

ハゲ隠しパウダーの例
頭頂部のハゲ隠しとして、増毛パウダーやスプレーはとても効果的なアイテムです。

「ウィッグやカツラを購入するほどじゃないけど、大事なイベントの時は薄毛を隠したい」という方に、増毛パウダーやスプレーが向いています。

もちろん、頭頂部だけではなく生え際への使用も可能で、薄毛が進行して地肌が見えている部分にふりかけて黒く塗りつぶし、スカスカ感を改善できる仕組みです。

ここでは、増毛パウダーやスプレーの中でも特に人気の高いアイテムを紹介していきます。

ヘアレーベル男性用:大正製薬から販売されている増毛パウダーで、カラーバリエーションが5色と幅広い
ヘアレーベル女性用:女性用の増毛スプレーで、生え際やつむじなど狭い範囲でも使いやすい仕様になっている
QZジェントリー:髪の毛1本1本を太く見せる効果が高く、水や雨に強いのでプールや温泉でも使用できる
マッシーニEX:ピンポイントに気になる部分だけを隠せるため、無駄にパウダーが飛び散る心配がない
スーパーミリオンヘアー:繊維の特殊カッティング加工で、髪型の仕上がりのナチュラル感を演出してくれる

1本当たり2,000円~4,000円とお手頃な価格で販売されている製品が多いので、今すぐに薄毛を何とか隠したい人は増毛パウダーを試してみましょう。

育毛サロンで増毛エクステをする

最も高い費用がかかる方法ですが、育毛サロンで増毛エクステをするのは薄毛のごまかし方の一つです。

アートネイチャーやアデランスなど、テレビのコマーシャルで目にしたことのある方はいませんか?

これらのサロンでは、今生えている自分の髪の毛1本1本に人工毛を結び付けて、全体的に毛量を多く見せられる増毛エクステの施術が行われています。

「取れないタイプのカツラやウィッグ」と説明すると分かりやすいのではないでしょうか。

近くで見られても自然な髪型になるように施術してくれますので、「薄毛を隠していることがバレるのは怖い・・・」という方に育毛サロンの増毛エクステはおすすめですね。

ただし、増毛エクステには次のデメリットがありますので注意しましょう。

  • 髪の毛が伸びるにつれて浮き上がるため、定期的にメンテナンスが必要
  • エクステの処置とメンテナンスを加味すると高額な費用が発生する
  • 自毛に編み込むことで少なからず引っ張られるため、余計に抜け毛が増えやすい

個人の考え方や薄毛の症状で向き不向きがありますので、まずは育毛サロンに足を運んでどのような施術なのか相談してみるべきです。

まとめ

ハゲを隠す方法にはいろいろあることがわかりますが、もっとも現実的なのは帽子を被ることでしょうね。

帽子ならハゲを隠すだけでなく紫外線対策までできてしまうところが良いです。

しかし、どんな場所でも帽子を被れるわけではありませんから、普段の髪型にも工夫が必要でしょう。

エクステや増毛などはどうしても費用がかかりますから、それならばその費用を育毛剤や育毛サプリに充てる方が将来的には有益ではないかと個人的には考えてしまいます。

人に知られたくないという気持ちもわかりますが、将来のために薄毛を改善するということも真剣に考えるべきだと思います。

厳選の薄毛対策アイテム集

厳選の育毛アイテム特集

- 「薄毛の手帳セレクション」 -

数年にわたり様々なアイテムを使用してきた経験で各アイテムを評価!
スカルプシャンプーと育毛サプリを厳選して紹介しています。




-薄毛・抜け毛改善コラム

Copyright© 薄毛の手帳 , 2019 All Rights Reserved.