薄毛の手帳

薄毛を改善するための方法に関する情報を詳しくお伝えします

薄毛・抜け毛改善コラム

20代・30代でムチャするとハゲるぞ!

更新日:


まだ薄毛に悩まされていないみなさんはまだ、薄毛のことなど考えてはいないでしょう。
今日では、多くの髪型や髪の色がありますね。

パーマやカラーなど珍しくもなく、多くの方がしていることでしょう。

これらのことは、髪や頭皮にどのような影響があるか考えたことがあるでしょうか。

科学的な根拠が存在するのかどうかも不明ですが、髪にダメージを与えることによって薄毛になるという話を何度か聞いたことがあります。

若い方々は、「そんなことないよ」または「興味がない」もしくは「そのときはそのとき」というふうに感じるかもしれません。

しかし、事実として若いときの髪や頭皮へのダメージが薄毛の原因になるとわかったとき、同じような感情でいられるでしょうか。
多くの人が髪や頭皮へダメージを与えることを控えるはずです。

私は、そのとき生えている髪にダメージを与えるとは考えていましたが、頭皮にダメージを与えて、その後発毛する髪に影響をあたえるとは全く考えていませんでした。

現在の管理人の状態を見て、この因果関係についてある程度参考になるのではないでしょうか。

管理人の若いころ

管理人のプロフィールでも書いていますが、大学時代には黒髪でいることがほとんどなく、脱色やマニュキュアでカラーをしていました。

そして社会人になると部分的にクセの強かった部分に2年間ほど毎日ヘアアイロンをしていました。もちろんこの時期には髪に何の変化もなかったため、このような生活を続けていました。

管理人の現在

現在の管理人、このようなサイトを運営しているわけですから、当然若いころに比べて薄毛になっています。
現在の管理人の状態は下記のとおりです。
0075
青い範囲で前方から薄毛になっていることが確認できるかと思います。
しかし、これだけでは若いころに頭皮にダメージを与えていたから薄毛になったとは言えません。

問題は赤い範囲です。
この赤い範囲は何かというと、前述したヘアアイロンをしていた範囲と完全に一致するのです。

左右対称に薄毛になっておらず見事にヘアアイロンをしていた範囲だけ薄毛の進行が早いのです。

現在この範囲に生えている髪は、とても細くそしてある一定の長さ以上成長しない髪です。

脱色などによるダメージが薄毛になる原因になっているのかは不明ですが、ヘアアイロンの熱によって薄毛の原因になっているのは間違いありません。
そうです、20代・30代の頃の頭皮へのダメージは薄毛の原因になるのです。

若いころから予防対策が必要

20代・30代の頃から予防対策をすることで、薄毛を防ぐことができるのです。

髪にダメージを与えることなく、流行の髪型をすることはできます。それに最近は黒髪の若い方も多いと思います。

予防と言っても特別なことをすることなく、薄毛になってからするような改善対策のうちいくつかをするだけで良いかと思います。
簡単にいうと、ダメージを与えないことと、ダメージを与えても回復しやすいような対策をすれば良いということです。

簡単にできる管理人のおすすめは

です。

まずは、パーマやカラーを控えることでダメージをできるだけ避け、睡眠によって成長ホルモンの分泌を促し、栄養補給や頭皮マッサージによる血行改善で、髪が育つ(ダメージを回復させる)ようにすることで、薄毛を予防することができます。

若いころの少しの時間を費やすことで、中年になってからの長い時間を安心して過ごせるのなら、安いものだと思って対策を行うべきです。そして、それを継続することです!!

髪のための栄養補給に最適なサプリメント

GUNGUN(ぐんぐん)

  • 厳選された7種の天然成分配合
  • 定期便なら1日あたり128円
  • 通販サイトランキング4部門で1位
  • 医薬品製造の許可を得るための基準と同等の品質管理で安全
  • コスパ最高レベル

男女兼用高コスパAGA国内製造特典有

厳選された7種の天然成分が配合されており、AGA治療薬のような副作用の心配もなく、男性女性を選ばない育毛サプリメント。 定期便なら2540円OFFで、1日あたり128円という安さで高いコスパが最大の魅力。

厳選の薄毛対策アイテム集

厳選の育毛アイテム特集

- 「薄毛の手帳セレクション」 -

数年にわたり様々なアイテムを使用してきた経験で各アイテムを評価!
スカルプシャンプーと育毛サプリを厳選して紹介しています。




-薄毛・抜け毛改善コラム

Copyright© 薄毛の手帳 , 2018 All Rights Reserved.