女性の薄毛原因と症状

女性の脱毛症の種類と症状 | 薄毛タイプを解説

女性の薄毛には複数の種類がある

女性の薄毛の悩みは実は男性よりも深いです。

なぜなら、薄毛に対して男性は年齢とともに「当たり前のこと」と認識しだすのに対し、女性はいつまでもキレイでいたいという想いから、どんどんと悩みは深くなってしまいます。

そして、薄毛の症状や原因も男性よりも奥が深いのです。

ここでは、女性の薄毛の症状や原因について簡単にまとめています。

できる限り早く薄毛対策に取り組むことで、改善する可能性が高くなることを頭に入れておいてください。

FAGA(女性男性型脱毛症)

薄毛の女性の約半数程度がこのFAGAだと言われています。

男性のAGAの薄毛の女性版と考えていただければと思います。

女性ホルモンが影響していることから、発症する前の段階からホルモンバランスには注意して予防すると良いですね。

FAGAの原因

加齢により発症するケースが多く、具体的には40代あたりから発症するケースが多いことで知られています。
早い人であれば20代から発症することもあります。

FAGAは加齢とともに女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、「相対的に男性ホルモンの方が多く優位になることが原因」です。

メカニズムは男性のAGAとは少し違うので、治療は男性よりも難しく、個別のケースごとに対応が必要になることが多いようです。

父親の男系親族に薄毛の人が多いと、FAGAが発症しやすいとも言われていますが、科学的な根拠は発見されていません。

FAGAの症状

男性のAGAのようにm字型や頭頂部など局所的に薄毛になるわけではなく、生え際から頭頂部にかけて全体的に髪が細くなって均一的に薄毛になります。

また、男性のように完全にツルツルという状態になることはありません。

男性ホルモンが関係していることからAGAに似ていると言われますが、FAGAは少し違うためAGA治療の特効薬とされる「フィナステリド」系の医薬品のようなものはありません。

慢性休止期脱毛症

正常な状態では、頭皮全体の約10%程度が休止中の髪であり、その割合のサイクルで髪は生え変わっています。

しかし、この慢性休止期脱毛症では、休止中の割合が約20%程度になってしまうため、正常な状態よりも10%程度髪の本数が少ない状態になってしまいます。

慢性休止期脱毛症の原因

原因不明な場合が多く、複数の原因が重なっていることが多いようです。

例えば、「ストレス」「疲労」「過度なダイエット」「加齢」「亜鉛不足」「医薬品の副作用」などが考えられています。

ストレスが多くなると、ストレスホルモンが分泌されて女性ホルモンが減少すると言われています。
また、過度なダイエットによっては髪に必要な栄養素が足りていないことが原因になります。

つまり、慢性休止期脱毛症は女性ホルモンの量も栄養の摂取具合も関係があるということになります。

慢性休止期脱毛症の症状

FAGAの症状と違うのは、髪が細くなっていくのではなく、太い髪の本数が減るということがあります。

先ほどお伝えしたように、頭皮全体の髪の割合が少なくなるので、全体的に髪の毛の密度が低くなってしまいます。

その結果、地肌が透けて見えてしまうことになってしまうのが特徴です。

びまん性脱毛症

こちらはかなり広い意味で使われる言葉で、FAGAや慢性休止期脱毛症も大きく分類するとこのびまん性脱毛症と分類されるようです。

原因と症状については、FAGAや慢性休止期脱毛症の症状のようになります。

加齢による変化がほとんどだと考えられていますが、生まれつきの場合もあります。

症状も髪が細くなっていくこともあれば、太い髪の本数が減るということもあるようです。

分娩後脱毛症

この脱毛症がもっともまわりで聞く薄毛ではないでしょうか。

出産前後で大きく女性ホルモン量の変化が起きることで、出産後に髪が多く抜けてしまうことです。

分娩後脱毛症の原因

妊娠中には女性ホルモンが異常に上昇していき、毛髪だけでなく体毛も含めて濃くなる傾向があります。

女性ホルモンが増えることで、本来のヘアサイクルではすでに抜ける予定の髪が抜けずにそのままになっているところ、出産を機に女性ホルモンの中のエストロゲン量が急激に低下することで、それまで残っていた髪が一気に抜けてしまうことになります。

分娩後脱毛症の症状

見た目については、慢性休止期脱毛症と似ていて、全体的に均一に髪の密度が減っていきます。

ただし、出産による女性ホルモン量の変化は正常なカラダの変化ですから、通常は出産後6ヵ月程度の時間をかけてエストロゲン量は妊娠前まで回復します。

つまり、エストロゲン量の変化で正常時のヘアサイクルが乱されて起き、また正常時に戻ろうとするのです。

これに似た症状として、ピルを服用していることがあります。
ピルを服用して女性ホルモンを調整していたのに、ピルの服用をやめると急激に髪が抜けるという症状もこのエストロゲン量の変化によるものですね。

脂漏性脱毛症

これは女性に限らず、男性も同様の原因で起こる脱毛症です。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性皮膚炎が原因で起こります。

脂漏性皮膚炎は、食生活の乱れなどさまざまな原因により、皮脂腺に過剰に皮脂が分泌されて毛穴を塞いでしまいます。
そして、雑菌が繁殖することで毛根にダメージを与え、毛が抜けてしまうのです。

頭皮の傷に雑菌が入り込むなどの可能性もあるため、シャンプーをするときに爪の長い人は注意が必要です。

また、頭皮に合わない育毛剤などを使い続けることでも頭皮が炎症する可能性があるため、薄毛対策が逆効果になってしまうこともあるので怖いですよね。

ヘアワックスやスプレーの多用など、間違った頭皮ケアが原因になることもあります。

脂漏性脱毛症の症状

薄毛の他に、頭皮に湿疹やかゆみ、痛みなどがあることが多く、フケも出ます。
頭皮にニキビのようなものがあると、この脂漏性脱毛症を疑うことになりますね。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、名前のとおり髪が引っ張られて起こる脱毛症のことです。

例えば髪を常に束ねていたりすることで、常に髪がひっぱられている状態になっていると、その部分の毛根を死滅させてしまうのです。
同じ場所に分け目をつけているとその部分が薄毛になってしまうことがありますが、それも牽引性脱毛症だと言われています。

分け目を変えたり、髪型を変えるなど予防対策としてはもっとも簡単な抜け毛だと思います。

厳選のアイテム公開中

-「薄毛の手帳」セレクション -
数年にわたり様々なアイテムを使用してきた経験で各アイテムを評価!
女性用アイテムは夫婦で検証した自信のあるアイテムをまとめています。
 育毛剤を確認する
 育毛サプリを確認する